【実機レビュー】RHAのBluetoothイヤホン、MA750 Wirelessをレビュー

どうも、まーです。

又、イヤホンを買い換えました!

ma-

また買い換えちまったよ!
一回、そろそろ鎌で刈って上げようか?

謎の悪魔

 

と・・・過去購入したイヤフォンを遡ると(記憶に残っている物)、

  • Ultimate eras triple.fi 10
  • Monster beats
  • SHURE SE215
  • Mee audio X6
  • TaoTronics
  • SHURE SE215 Wireless
  • Razer HammerHead BT

他にもありますが、憶えているのはこれくらい。

ほぼ、2万円以下のクラスになります。

只、買い換え買い換えで思う事は、「買い換える事で段々と求める製品レベルが上がる」という事・・・

途中下がったりもしていますが、結局上がって行く。笑(上がるんかーい)

そして、

求める製品レベルが上がる = 値段上がる

となり、沼にハマって行くのでしょう・・・現状はその過程でしょうか。笑

そもそもRHAってどういうメーカーなの?

私自身、初めてのメーカーですので分かる範囲で調べて見ました。

ma-

で、どういうメーカーなの??
イギリスのグラスゴーに拠点を置いている会社なんだって

謎の悪魔

ここ

謎の悪魔

ma-

イギリスって聞くと、音楽に強いイメージがするねー、色んなバンドも排出してるし!

RHA M750 Wireless レビュー

パッケージ

このフラットアイコンの見せ方とか秀逸と思う。付属品に何が入っているか分かり易い!

パッケージデザインや製品の見せ方は、今まで自分が使った製品の中ではダントツでオシャレ!

本体も左右対称で綺麗に収められていて、RHAの拘りが垣間見えますね。

ma-

じゃあ、早速開封していくよ!

付属品

付属品は、

  • イヤーチップ
    • ゴム製イヤーチップ(S、M、L)5ペア
    • コンプライ Mサイズ 2ペア
  • USB Type-Cケーブル
  • メッシュケース
  • 取り扱い説明書

イヤーチップが収められている、ベース素材がステンレス?っぽい金属なんです。

拘りすぎやろ、RHA。

何度も言うけどこういう拘り、オッサン大好きです!

イヤホン本体を入れる携帯用ポーチは、至って普通です。笑

本体部分

製造はMADE IN CHINAなんですが、ひねくれ目線で細部を見ても雑な所は無く、本当に見た目は美しいです。

金属部分はステンレスが使用されていて、高級感もありますね。

ネックバンドの右部に

  • 充電用USB Type-C
  • 電源ボタン

があります。

電源ボタンとイヤホンの間にある、この画像部分には

  • ボリュームプラス
  • ボリュームマイナス
  • 電話に出る際のボタン

があります。

イヤホン部分もステンレスが使用されていて、見惚れますね〜!

画像のRHAと書かれている部分が、磁石になっており左右イヤホンを合わせる事が出来、落下を防ぐ役割も!

見た目にも拘り、使用の際に起こり得る事も考えて作られています。本当に良く出来ている製品かと思います。

仕様

ハードウェア

CPU Ingenic X1000
DAC ES9218P
ディスプレイ サムスン製 480*360 タッチスクリーン

接続

Bluetooth Bluetooth Version4.0,aptX
USB USB-Type C

スペック

電圧 DC5V/2A
内臓バッテリー 800mAh 3.8V リチウムポリマーバッテリー
充電時間 1時間
駆動時間 最大15時間
重さ 70g
SDカード micro SD(最大1T)

オーディオ仕様

出力 3.5mm ステレオミニ
対応ハイレゾフォーマット FLAC・APE・WMA・WAV・ALAC・DSF・DFF

 

操作性

設定関連や、プレイリストの選択などはタッチスクリーンで行います!

本体が小型という事もあり、手が大きい、指が太い方は誤操作もあるかもしれません!タッチスクリーンの反応はまずまずと言った所です!

ボリューム操作はサイドのホイールで行えます!

一時停止、一つ前の曲、次の曲の操作もサイドのボタンで行えます。

音質

※音質に関してですが、それぞれの聴こえ方、使用するイヤホン・ヘッドフォンによって変化するかと思いますので、主観での感想になります。

 

使用しているイヤホンはRHA M750 Wirelessで、Bluetooth接続でのレビューになります。

イヤホンやフォーマットによって大分、音質が変わるかと思いますが、

  • 空気感
  • 細かい音の粒感

は、良い感じです!

  • Jazz
  • Fusion
  • HR/HM

を良く聴きますが、特にJazzFusionは空気感がいい感じに現れていると思います。

稼働時間について

Bluetoothで接続すると、15時間は持たない可能性が高いです。

所持しているAP80だと、8時間から9時間程でバッテリーが無くなる感覚です!

まとめ

いつも使用しているイヤホンの周波数帯域が16 – 22,000Hzという事でハイレゾの真髄を楽しめませんが、

それでもRHA M750 WirelessとAP80の組み合わせは、十分に満足出来るレベルでした!

ma-

今後、他のイヤホンとも比べて見ようかと思うのでお楽しみに!
おい散財し過ぎや!お前の嫁にチクるぞ!

謎の悪魔

 

AP80の点数
音質
(3.5)
操作性
(3.0)
バッテリー時間
(4.0)
軽さ
(5.0)
デザイン
(3.0)
値段
(4.0)
総合評価
(3.5)