【レビュー】オフィス向けに開発された、ホワイトベースのお洒落なRAZER Pro Clickワイヤレスマウス

Razerの公式サイトを見ていると「おやっこのRazerっぽくないマウスはなんだ??」という所でどうしても気になり、実機も触らずに購入してみました。

このキャッチコピーにやられた感はあります。笑

「HUMANSCALE との共同開発によるクラス最高のエルゴノミクス」

Razerでは初なのでは?と思いますが「オフィス向け用途」を目的に開発されたワイヤレスマウスという事で「Humanscale」という人間工学に特化した製品開発を行う企業との共同開発の基に生み出されたマウスになります。

Razer Pro Clickがマッチしそうなユーザー

  • Razerが好きだけどシンプルなデザインが良い
  • Razerが好きでコードレスなワイヤレスマウスが良い
  • Razerは好きだけどゲームはそこまでせず、仕事はデスクワークが多い
  • Razerは好きだけどシンプルな白が良い
  • 人間工学(エルゴノミクス)万歳なユーザー

どれだけRazerって書くんだよという感じですが、でもそうでしょ??

人間工学系マウスは他にもありますがRazerのPro Clickを購入する人はRazer好きかと勝手に推測します。笑

製品仕様

形状 右手用・エルゴノミクス
センサー Razer 5G 高性能オプティカルセンサー
重量 106g (ケーブル除く)
スイッチ 最大 5,000 万回のボタン使用が可能なメカニカルスイッチ
ケーブル 1.8 m
DPI 16,000
ポーリングレート設定 1000 Hz
IPS 450
最大加速度 40G
接続 有線接続とワイヤレス接続
バッテリー持続時間 最大 400 時間 (Bluetooth 使用時)、最大 200 時間 (2.4 GHz 使用時)
接続台数 最大 4 台のデバイスをサポートするマルチホスト接続
ソフトウェア Razer Synapse 3

製品特徴

Razer Pro Clickの特徴ですが良い意味で「無い!」というのが、私の正直な感想です。

人間工学(エルゴノミクス)に基づいて開発したマウスという事ですが、他社にも同類の製品はあります。

そして性能面に関しても「凄いセンサー」を採用している訳でも無く、これといった特徴はありません。

このマウスでFPSも可能ですが、FPSメインで使用する為にこのマウスを購入するとも思えません。笑

オフィスで「目立たないデザイン」で且つ、製品デザインの美しさとデスクワークでの使い易さと長時間マウスを使用するであろう職種の人向けのマウスかと思った次第。

ワイヤレスで使用出来る期間

ワイヤレスマウスでのありがちな部分ですが「充電忘れで使おうと思ったらバッテリーが切れていた」という部分。

Pro Clickのバッテリー持続時間ですが、

Bluetooth 使用時

Bluetooth接続時は最大400時間との事で、

  • 1日に8時間使用の場合は最大で50日間の連続使用が可能
  • 1日に10時間使用の場合は最大で40日間の連続使用が可能

という事になります。

約1ヵ月弱から1ヵ月半は持ちそうですので、月一回月末に充電するというルーティンを行えばバッテリーが切れるという事も無さそうです。

2.4 GHz 使用時

2.4GHz接続時は最大200時間との事で、

  • 1日に8時間使用の場合は最大で25日間の連続使用が可能
  • 1日に10時間使用の場合は最大で20日間の連続使用が可能

という事になります。

2.4GHzの場合は1ヵ月持ちませんので、半月に一度の充電が必要になりそうです。

 

接続する機器側にBluetoothがあり又、Bluetoothバージョンに問題が無い場合はBluetooth接続の方が長期間使用出来、充電の手間も減るかと思います。

Bluetoothと2.4GHzとの切り替えはマウス本体裏側にある切り替えスイッチで簡単に行う事が可能です。

が、Bluetooth接続で使用し2.4GHz接続に切り替えるはマウス本体に格納されているUSB受信機が必要になりますのでUSB受信機をPCへ挿し忘れない様にして下さい。笑

バッテリー状態

バッテリーの状態はインジケーターで確認する事が出来ます。

電池レベル エフェクト
< 25% 明滅
26%~50% オレンジ 明滅
51%~75% 明滅
76%~99% 明滅
100% 点灯

気になる部分

言わずとも気になる部分の「汚れ」かと思います。

やはり良く触る部分がホワイトベースですので、オフィスワークやリモートワークで毎日仕事で使う場合は汚れが気になってきそうです。

又、長期で使用した際は「焼け」で変色(黄色っぽくなる)する可能性も無きにしろ非ずかなと。

定期的に汚れを落としたり、作業終わりに軽く拭くだけでも汚れるスピードは落とせそうですので、日々のメンテナンスは必須かと思います。

パッケージと付属品

パッケージも本体同様に清潔感があるRazerらしくないシンプルなデザインです。

パッケージ構造も変わっていて「おっ!」と開封の楽しみも、他Razer製品と異なる感覚。

外箱パッケージの中には茶箱が入っており、いつものRazerじゃない感が凄いです。

本当にシンプル。

茶箱を開けると、白い布製に入ったPro Clickマウスさんが顔を出します。

付属品も簡潔で簡単なマニュアルと充電の際に使用するUSBケーブルのみ。

ここまで来ると良い意味で潔いです。笑 そして分かり易い。

2.4Ghz接続時に使用するUSBコントローラーもマウス裏面に格納されています。

マザーボードやデスクトップPC若しくはノートPCにBluetoothがある場合はこのUSBコントローラーを使用せずに接続も可能です。

マニュアルも日本語ページは数ページのみ。

Razer Synapse 3

Razer公式「Razer Synapse 3」配布ページ

Razerが無償で配布しているRazer Synapse 3というソフトウェアがありますので、こちらのソフトウェアを使用する事でDPIやセービング、各ボタンの割り当て設定を細かく行える様になります。

Razerアカウントを作成し設定をクラウド保存する事により、別のPCでも新たにイチから設定せずに保存した設定を読み込めば気に入っている設定を直ぐ使用出来る状態にする事が可能です。

Razer Pro Clickの画像一覧

まとめ

Razer製品の中ではジェントルマン的存在のワイヤレスマウス ProClick。

PCセットアップ系やPCやPC周辺機器も拘り、インテリアに拘る人には最適なマウスかと思います!

マウス操作が特に多いであろう、デザイナーやシステム、アプリ開発を行う人にとっても人間工学に基づいたプロダクトとなっていて長時間操作でも負担は少ないと思いますので、マッチしているマウスかなと思った次第です。

Razer公式 Pro Clickページ